イメージ(沖田総司編)

本日も「カフェだんだら」へのご来店、誠にありがとうございましたm(._.)m


今日はお友達が旦那様と一緒に来て下さいました♪

カメラと宮崎駿作品が好きでお話がとても楽しい旦那様でした(^-^)


先日も別のお友達がママ友さんと一緒に来てくれたり、皆さん家が近いわけではないのにわざわざここまで来て頂き本当にありがたいなと思います。


いつもありがとうございますm(__)m

  

   

   ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


昨日の続きです


沖田さんの名前を「おきたそうし」と言う人が多いのは島田順司さんからきていると言われています。

正しくは「おきたそうじ」なのですが、沖田役を演じた島田順司さんは名前を「じゅんし」と読むことからドラマでも「そうじ」ではなく「そうし」にしようってことになったらしいです。

それがドラマのヒットで浸透して「おきたそうし」と言う人が多くなったんだとか。


島田さんが演じた沖田さんはまるで司馬遼太郎さんの小説から飛び出してきたようで、今までたくさんの役者さんが沖田役を演じていますが、私の中では沖田役と言えば島田さんしかいないというくらい好きです。


ドラマ「新選組始末記」の草刈正雄さんもとてもドキドキするような沖田さんでしたが、ちょっとイケメン過ぎる気が…(^-^;


映画「壬生義士伝」の堺雅人さんも闘いのシーンになるとキリッと目付き変わってカッコいいなぁと思いましたが、原作の浅田次郎さんが描く沖田さんはあまり可愛いげがなく、ちょっと意地悪なとこもあったりして小生意気な少年というイメージなので人間臭さはあるけど好きにはなれないです。

あと堺雅人さんは大河ドラマ「新選組!」の山南さんのイメージの方が強くなっちゃいましたね。


なのでやはり島田順司さん!

何かのインタビューで栗塚さんも仰ってましたが、この先、島田さんを越えるような沖田役は出て来ないんじゃないかと。


私もそう思います。

それくらい素晴らしかったです。


「新選組血風録」の「風去りぬ」という回は沖田さん最期の回なのですが、最後に土方さんが会いに来て交わす会話もとてもじーんとくるものがあり、土方さんが帰った後、障子を閉めて部屋に入るシーンが最後なのですが、ここはもう本当の沖田さんが乗り移ったんじゃないかと思えるくらいの名シーンです。

先日、思い出して久々に観ましたが、やはり何度観ても心打たれます。



沖田さんの写真が残っていないのは本当に残念だなぁと思います。

もちろん見た目だけのイメージだけでは何もわかりませんが、それでも写真が残っていない隊士の中では1番見てみたかったなぁと思います。


では写真が残ってる人のイメージ。

私が1番好きな永倉新八さんはというと…


また続きます(^-^)


コメント