ヒトごろし

本日も「カフェだんだら」へご来店頂き、誠にありがとうございましたm(._.)m


今日来て下さった新選組ファンのお客様、ひの新選組まつりで隣にいた方にうちのお店の事を聞いて来てくれたそうです。

ここへ来て下さった方かな?

ファンの方々が色々なかたちで広めて下さってとても嬉しく思います♪





ちょっと前に調布から来て下さった新選組ファンのお客様に話を聞いて読んでみたくなった本です。


京極夏彦さんの「ヒトごろし」。

噂では聞いていましたが、タイトルからしてちょっと異色かな?と手を出さずにいました。


そのお客様は今までにない衝撃的な内容だけど、当時の人の考え方や感覚は今とは全然違うと思うから多くの創作物に描かれているようなものとは違って本当はこういう感じだったんじゃないかなっていうような事を仰っていたので、ちょっと読んでみたくなり、中古で安く出ていたものを購入してみました。


まず、この本の暑さにびっくりします(^^;


小説を読むのは久しぶり。

暇な時間にちょこちょこ読んでも半年くらいかかりそう…


だいぶ先になると思いますが、読み終わったら感想書きたいと思います(^^)


コメント